大阪から発信していくという事

■一つの拠点からモノづくり

私達は大阪のオフィスを拠点に事業を行っています。今のところ(2016年現在)は他に拠点などはありません。創業者の地をベースに大阪本社のIT企業としてコンテンツ運営を頑張って行きたいという想いがあるからです。もっとスケールするためには東京にも拠点をと考えたことはありますが、現時点では拠点を分散させるより一箇所に集約して、ワンフロアでスタッフ全員が顔をみあいながらミッションに取り組める環境の方が総合力が高いと判断し、「大阪にこだわる」という判断をしています。

■東京との情報格差

とはいえ、東京近辺には技術関連・マーケティング関連の生きた情報が転がっています。そうした情報が大阪まで到着するのにはタイムラグがあり、鮮度も落ちています。私達は新大阪徒歩1分というロケーションにオフィスを構え、常に東京⇔大阪については迅速に行き来できるような体制を構築しています。情報は命ですので、東京で得た情報を大阪に持ち帰って超特急で業務にとりかかるような体制で情報の格差を未然に防いでいます。また、海外出張も頻繁に行っており、関西国際空港から車で40分程度ですので、フレキシブルな体制は構築されています。大阪は大好きですが、大阪のみで仕事が完結するとは思っていません。あらゆるところにチャンスが埋もれているので、自分達の足を使って、掴みにいく事は常に重要視しています。

■大阪のIT業界を盛り上げたい

高度な技術を使ってWEBコンテンツ運営に従事したい若いクリエイターは大阪にも沢山います。事情があり他府県に引越しする事が不可能な方でも、新大阪のオフィスから世界に向けて新しいライブコンテンツを作成する機会を沢山作って行きたいと思います。雇用を生み、業務を通じてスキルを高めてもらうことが地元への還元です。なお、東京近辺の場合はIT人材が大手企業によって寡占状態となっており、我々のような中小企業においては採用が非常に困難を極めます。あえて人材確保のレッドーオーシャンに飛び込まず、大阪でコツコツと良い人材を採用し規模を拡大していき、集まった人材により高度な業務に就いて頂く事で、競争力向上と社会貢献達成の両面を実現したいと考えています。Uターン・Iターンでの採用は大歓迎ですので気軽にご相談下さい。