柴田 拳志

コンテンツ運営
2016年10月入社

前職は何をしていましたか?

携帯電話販売の代理店に勤めており、ショップで端末の販売やお客様に合ったプランの提案などをしていました。

入社のきっかけは?

私は同性愛者で、以前の職場ではそのことを隠して勤務していました。それは、精神的にも辛い時期があり、同性愛者であることを隠さずに働ける職場はないのだろうか?と新しい仕事を探していました。
様々な求人サイトを見ていたところ、LGBTの積極採用と書かれているのを見かけ、更には男性同士のチャットアプリまで開発しているとのことで、ここしかない!と思い、応募しました。

はじめてリアズの商材(LC)を知った時どういう印象をお持ちでしたか?

接客業しかしたことがない私は、ITのことはよく分からなかったにで、同性愛者であるだけでやっていけるのだろうか?と不安を感じていました。

今はどんな役割をしてますか?

「Athlete」という男性同士のチャットアプリの運用に携わっています。
主にAthleteに送られる問い合わせの対応をしています。また、より多くの同性愛者の方にAthleteをご利用いただくために、ちょっとした表現の違いでしたり、機能追加の提案を行っています。

仕事していて大変だとおもう所は?

今まで接客業でお客様とは面と向かって対話していたので、お客様の表情が分からないメールでの問い合わせ対応では、お客様の気持ちであったり、ニーズを読み違えてしまうこともあり、大変だと感じます。
面と向かった接客ではないですが、お客様が満足していただける対応をしていきたいと考えています。

仕事していて嬉しいと思う瞬間は?

不慣れながら問い合わせ対応をしていますが、そんな中お客様から感謝の言葉をいただいたときです。

会社の好きな部分は?

同性愛者である自分に対して一切、偏見なく関わってくれるところです。
会話中もしっかり話を聞いてくれ、何も隠さずに話せることが仕事をしていくうえでも素晴らしい環境だと感じています。

リアズに入社していなかったら今は何をしてますか?

同性愛者が働きやすい環境の職場に出会えず、再び自分を隠しながら働いていたと思います。

最近の身の回りの変化は何ですか?

朝の目覚めが良くなりました。
仕事があるから起きたくない、と以前は思っていましたが、リアズで働きだしてからは一切思わなくなりました。
自分に合った環境で働くことで、私生活も良くなったと実感したいます。

休みの日は何をして過ごす事が多いですか?

同性愛者のバレーボールチームに所属していまして、休日はバレーボールを楽しんでいます。
練習がない日は服が好きなので、買い物に行ったり、お酒も好きなのでお酒を飲んで過ごしています。