杉浦 正和

デザイナー
2013年9月入社

前職は何をしていましたか?

従業員数人の小さなデザイン事務所で働いていました。
仕事はほとんどが印刷系の業務で、お客様からデザインデータを頂いてポスターなどを印刷して梱包・発送するといった内容でした。
ルーチンワークに近く、このままでは制作スキルが上がらないと思い転職することにしました。

入社のきっかけは?

面接時に経歴・社歴の長いクリエイターが複数人在籍していると伺い、入社の意思を固めました。
やはりスキルを上げるためには良い見本となる方が近くにいるというのが重要だと思います。
また社歴が長いということは、それだけ会社に魅了があるということだと思いました。

はじめてリアズの商材(LC)を知った時どういう印象をお持ちでしたか?

ライブ配信サービスについては個人的によく視聴しているので、
それに携わることができるということで非常にワクワクしました。
アダルトサービスということについては、特に嫌だという気持ちはありませんでした。

今はどんな役割をしてますか?

デザインとコーディングです。
内容はPCサイト・スマホサイト・スマホアプリから、広告LPやバナーもつくります。
デザインテイストも案件によって様々なので、自社サービスの制作とはいえ、仕事の幅は狭くないと思います。

仕事していて大変だとおもう所は?

新しい技術についていくことが大変です。
デザイン・コーディング、またはそれに関係する広告・SEOなどどんどん新しい情報が出てくるので、常にアンテナを張る必要性を感じます。

仕事していて嬉しいと思う瞬間は?

ある程度自分の裁量で仕事ができるので、新しいことに挑戦できます。
その中で制作したデザインが褒められた時は非常に嬉しいです。
またリアズの運営サービスには10年以上の老舗が多いので、そういった中で仕事ができるという充実感もあります。
また他社と比べて残業はかなり少ないほうだと思います(笑)

会社の好きな部分は?

制作作業に集中できる環境であることです。
PCは十分なスペックのものが支給されますし、備品や教本も必要な時に購入していただけます。
制作系ソフトも最新ですし、こういったところが当たり前のように整っているということが非常にありがたいです。
今度「より良い制作環境を」ということで、チェアーを刷新していただきます。ショールームに実際の座り心地を確かめに行くのですが、非常に楽しみです(笑)

リアズに入社していなかったら今は何をしてますか?

他の会社でweb制作をしていると思います。
ただ現在の恵まれた環境を考えると、本当にリアズに入社できてよかったと思います。

最近の身の回りの変化は何ですか?

リアズには本当にスキルの高いクリエイターが多いので、それにつられて自分の意識も変わってきたと思います。
これまで以上に様々な情報にアンテナを張ったり、スキルを高めたいと思うようになりました。

休みの日は何をして過ごす事が多いですか?

フットサルをしたりアニメやマンガを見ています。
あとは制作系の情報収集や、いろんなアプリ・サービスを使ってみたりしています。