寺島 友樹

コンテンツ運営
2009年3月入社

前職は何をしていましたか?

福祉業界に数年勤めた後、東証一部上場企業で法人営業と人事の仕事をしていました。人事部時代には主に新卒採用と新人教育に従事し、よく企業説明会などで全国を飛び回っていました。

入社のきっかけは?

前職を辞めてすぐに転職活動を始めたのですが、その際に「今後はITの知識が必要」という漠然とした考えから未経験から募集しているIT企業を片っ端から調べていきました。その中でも求人ページに書かれていた事業に対する熱いメッセージに心を打たれ、応募を決意しました。

はじめてリアズの商材(LC)を知った時どういう印象をお持ちでしたか?

単純に「こういう世界もあるんだなぁ」と。とりあえずアダルトコンテンツを扱っているからといって不思議と抵抗感はありませんでした。皆がスーツを着て、PCに向かって真剣に業務に取り組んでいる姿を見て、商材以上に会社に対して魅力を感じられたからかもしれません。この人達は自分の仕事に誇りを持って仕事をしているんだと感じました。今では自分自身、商材に自信と誇りを持って働けており、あの時の判断は間違っていなかったと心から思います。

今はどんな役割をしてますか?

いくつかの役割を兼務しているのですが、まずエンジェルライブ・チャットピア・ライブでゴーゴーなどを運営しているチームの責任者として、社内スタッフの採用や教育・業務改善に努めています。またチャットピアという番組の事業部長として、運営管理全般を任せて頂いています。番組に出演してくださっている方々が安心して働ける環境づくりも大切な業務の一つです。

仕事していて大変だとおもう所は?

番組出演者の中には、生活の為に一生懸命働いている方々が居られます。出演者の皆さんの安定した生活を守る為にも常に面白い番組作りを心掛けていかなければなりません。IT業界は新しい技術など目まぐるしく変化していきます。そのスピードに乗り遅れず、且つ新しい企画を次々と考えて実行していくには、ブームの先読み、柔軟な対応、そして責任感が求められるので、日々勉強と成長が必要とされます。なかなか大変な仕事ですよ(笑)

仕事していて嬉しいと思う瞬間は?

出演者の方から感謝のお手紙なんかを戴いた時はやっぱり嬉しいですね。「おかげさまで稼げるようになり、子どもを無事大学へ行かせてあげられそうです」って。自分の仕事が人の役に立てていると実感できるってとても幸せなことです。大変な仕事だけど、続けてきて良かったと心から思えます。

会社の好きな部分は?

常に新しい知識を身に付けられるという点と、若く社歴の浅いスタッフのアイデアもどんどん取り入れてくれるところですね。社内の平均年齢が若い分、上司との年齢も近いので風通しが良く、ちょっとした意見でもしっかりと聞いてもらえます。全員で力を合わせて成長していこうという社風自体がとても気に入っています。

リアズに入社していなかったら今は何をしてますか?

転職時にもう一つの候補として公務員試験を受けることも考えていたので、地方公務員でしょうか。もしそれがダメだったら福祉の世界に戻っていたかもしれませんね。でも今はこの会社に入れて良かったと思っています。

最近の身の回りの変化は何ですか?

最近飼い始めたハムスターが太り、それに応じて自分自身が太り始めました。ペットが飼い主に似るというのはよく聞きますが、その逆の変化が生じています・・・

休みの日は何をして過ごす事が多いですか?

休みの日はもっぱら野球ですね。自分がキャプテン兼監督として活動しているチームなので、思い入れも人一倍です。他にはフットサルや旅行に行ったりと、じっとしている事はほとんどないありません。