孤独の解消と地方雇用の創出を
大阪から発信する

社長ブログ

まさかの退職。その事実を受けて。

以前、私のブログ「外国籍エンジニア採用をしてみて」で登場していた、オーストラリア人エンジニアのニコラス(以下、ニック)ですが、2017年2月上旬を目処に退職する事になりました。 今回は、私達の現状やニック退職という事実を受けてどのような考えに至ったかブログにまとめてみました。 ニックは「ライブでゴーゴー」における、レガシーPHPのモダン化(古くて難解なプログラムを今風に刷新する)プロジ...

ベトナム人とはいえ、人は人。語り合えば必ず通じるもんがある。

2016年10月初旬にハノイ(ベトナム)に出張に行って参りました。 開発案件の進行確認・問題箇所のディスカッション、現地の方と膝を突き合わした対話をする為です。 私達は大阪で自社のサービスの企画・デザイン・開発・運営を一貫して行っております。ライブストリーミング技術においては、一世を風靡したFlash技術から転じて、SIPやWEBRTCへと変遷を遂げており、足りない技術やリソースについては外...

ソースがスパゲティ!?どんな事態も笑い話に!!

リアズでは四半期に1度ぐらいのペースで社内でライトニングトーク(略してLT)大会を実施しています。 主な目的は3つあります。  ①エンジニア同士の相互学習  ②セミナー等の登壇に備えた練習  ③他事業部の施策成功事例共有    ①エンジニア同士の相互学習 今までほとんど外部ベンダー様に頼りきりだった状況から、この2~3年で社内の技術力を高め...

外国籍エンジニア採用をしてみて

※This article is also English version .弊社には3名の外国籍のスタッフが在籍しております。  ・オーストラリア  ・米国  ・中国 ここ最近外国籍の方からの面談応募が増えてきており、我々としても偏見無く、価値観の相違が無く、能力に見合っていれば採用する方向で考えておりますので、積極的に面談を実施しております。 そういった流れの中で...

よいクリエイティブは、よい環境から!

現在、弊社所属のクリエイタチーム(エンジニア・デザイナ)に対して、順次新しいチェアに刷新していっております。どこかのデザイン会社の社長さんのお話で 「クリエイターのモチベーションを高めたいなら、まずは椅子から!」という話を覚えていて、実行に移しています。というのも、我々の業態はいわゆる「アダルト業界」と呼ばれており、ゲーム業界とは違いデザイン系や開発系のクリエイターが、こぞって入社したくなるような...