人的資源を最大化し個人の成長とともに
企業の成長を目指す

HRブログ

WEB業界未経験から運営責任者へ

2017.9.15 / , ,

私たちリアズではIT未経験や・他業種からの転職の方も多く活躍していますが、今回はその活躍しているメンバーの一人としてエンジェルライブの責任者である吉村氏にインタビューを行いました。

 

それでは吉村さんお願いします。

 

吉村:お願いします。

 

 

社員紹介のページでも前職については少し触れていると思いますが、今回はより深く掘り下げていきたいと思います。前職ではどのようなお仕事をされていましたか?

 

吉村:飲食店を経営していました。十三という土地柄飲み屋が多いのですが、終電後は飲み屋の客も少なくなるので、終電から朝方までの時間で飲み屋等でお仕事する女性を対象に商売しようと思い、当時大学在学中でしたがOPENしました。

未経験から責任者4

 

全くの別業種ですね。色々掘り下げたいのですが、なぜ飲食店を辞めたんですか?

 

吉村:もともと、3年の期間限定で考えていましたが、お酒を飲みすぎて体を壊してしまったんです。結果的には2年でお店を畳みました。

 

 

 

飲食店を辞めてからリアズに転職するまで何をしていましたか?

 

吉村:遊んでました(笑)体を壊したので休息という位置付でしたが(苦笑)。しかしその頃からWEBの仕事をやってみたいと思うようになっていました。エンジニアやデザイナーといった技術職ではなく、企画を行いサービスを提供したいと思うようになっていました。

未経験から責任者1

 

 

 

なぜリアズに入社しようと思ったのですか?社員紹介のページでも少し触れられていますがもう少し詳しく教えてください。

 

吉村:前述の通り、ぼんやりとWEB業界で仕事をしたいと思ってはいたんですが、私自身は業界未経験ですし、前職も全く違う業種でこれまで勉強もしてはきませんでした。仕事をしながら業界を知り、いずれは企画を行えたらと思っている中未経験でもお仕事が出来るリアズの求人ページを見つけ応募に至りました。

 

 

 

 

 

当時はアルバイトで入社でしたよね?その時どういった部署に配属されましたか?

 

吉村:モニタリング部署でした。その時は夜勤でしたね。モニタリングの業務は当時イメージしていたWEBの企画の仕事とは違いましたが、ライブチャット業界を知る上では欠かせない体験だったと感じています。その後1ヶ月後イベントの設定やお客様のお問い合わせなどを行うチームに異動になりました。その半年後にはイベントの企画にも携わらせて頂きました。その後9ヶ月程在籍しました。

未経験から責任者5

 

 

 

 

その後転機がありましたよね?

 

吉村:はい。新規事業を行うということでお声を掛けていただきました。この事業では出演する女性をマネジメントするプロダクションの運営と、施策のテストを行うLABOとしての役割を担う重要な事業でしたが、前職での経験や自身の性格なども見込まれ抜擢頂きました。立ち上げ前までは所属しているチームの業務と並行し事務所を探したり、必要な備品の購入であったり、マニュアルなどを作っていました。諸々準備が落ち着いた頃、OPEN目標予定日当日に自身初の面接が入るなどしてギリギリ(?)でしたが事業をスタートすることが出来ました。初の面接の方は今でも覚えていますね(笑)

 

 

 

本格的にLABO事業稼働した後はどうでしたか?

 

吉村:事業開始直後は一人で進める事もあり、心細いことも有りましたが、その後次々と女性の稼働も増え始め、女性に協力を得ながらなんとか稼働が出来たのを覚えています。3ヶ月後には目標を達成する事が出来、とても濃く充実した日々を過ごす事ができました。皆さんのサポートのお陰もあり、事業は順調に成長していきました。所属するチームが変わったことで運営の目線を養うことが出来ましたし、LABO事業を通してお客様とダイレクトに接する女性の声を直接聞く現場での目線も養うことが出来、私自身大きく成長することが出来たと感じています。

 

 

 

 

非常に順風満帆という印象ですが、うまく行かなかったことはありましたか?

 

吉村:ありました。事業を開始して4ヶ月目からまったくうまく行かなくなりました。当時危機感を感じた私は視座を高めたいという思いから他社様との交流を希望し、快く引き受けてくださった会社様の下、見学や研修を受けさせて頂き様々な視点を学ぶことが出来ました。その結果目標を半年でクリアすることが出来ました。その後もLABO事業に専念して参りましたが事業開始から1年で再びリアズに戻ることになりました。

未経験から責任者へ2

 

 

 

わずか1年だったのですね。なぜリアズに戻る事になったのですか?

 

吉村:出演する女性をマネジメントするプロダクション(以下エージェント)様を担当する部署の担当者が退職することになり、その後任の担当として抜擢されました。LABO事業で得たノウハウが私のベースにありましたので多くのエージェント様に貢献することが出来たと自負しています。その後実績 を買って頂き引き続きエージェント担当と兼任の上エンジェルライブのサイト運営責任者に任命されました。そして2017年の今年に入り現在マーケティングも担当させて頂いています。

 

 

 

 

 

現在の業務内容を簡単でいいので教えてください。

 

吉村:現在はマーケティングを引き継いで間もない事もあって、マーケティングがメインになっています。広告の購入はもちろん、媒体の効果測定からバナーのABテスト、加えてアプリの開発もマーケティングの1つとして捉え、技術者の方ともお話させていただいたりもしています。もちろんエージェント業務やエンジェルライブの責任者としてイベントや施策も考えていますよ!

 

 

 

 

最近で最も成果が出た案件や力を入れている案件はなんですか?

 

吉村:まだ成功はしたとは言えないのですが、VRチャットというものを企画として開始しはじめました。(2017年9月の)現時点では過去2度の開催を行い、お客様からのフィードバックを得て今後も進化を重ねてまいります。

 

 

 

 

VRチャットは今後どうなっていきますか?

 

吉村:様々なニーズにお応えしていきたいと考えています。例えばアダルトに特化したものであれば臨場感あるのぞきを提供することが出来ると考えていますし、女性と二人きりをより濃く楽しんで頂けるような企画も可能と思っています。

 

 

 

 

VRチャットを含めて今後ライブチャットを通じてどんな事がしたいですか?

 

吉村:外出しなくても端末があればWEBを通じて様々な体験を提供できます。文字だけではなく、映像や音声を通じてその人の存在を感じてもらえると思います。その中で、利用者の心を満たすことが出来たらと考えています。また、海外の方に日本の女性をはじめ、日本の良さを紹介できたらと思っています。

 

 

 

 

 

最後にリアズへ応募を検討の方に一言お願いします。

 

吉村:WEB業界未経験の私でも様々な経験をすることが出来ました。未経験でも全く怖くありません!もし自身の可能性にいまいち自信が持てなかったり、応募を迷っている方がいらっしゃったら思い切って応募をしてみてください。ご応募お待ちしています。

未経験者から責任者へ9

 

 

 

吉村さんありがとうございました。

 

 

インタビュー内でもあるようにやりたいことを実現するために、私たちは一人一人が日々熱をもって事業に取り組んでいます。それは創業期と言えるほどの激しい変化やエネルギーを伴います。変化の中でこれまでの業績のように事業はどんどん拡大していきます。私たちがお客様や出演する女性に対し、サービスを提供するために創出するエネルギーの源泉は学歴やIT素養といったものではなく、やはり「サービスをお届けしたい」という熱い思いです。リアズでは現在熱い思いを持って一緒に戦ってくれる仲間を募集しています。私たちとともに大阪からアジア、そして世界をまたに掛け一緒に発信していきませんか?

 

 

リアズが現在募集している職種一覧はこちらからご覧ください。あなたのご応募お待ちしています。