社内勉強会「なるほど会」はじめました

こんにちは、リアズエンジニアチームの和田です。社内では「広く浅くおじさん」を自称しています。
最近「なるほど会」という社内勉強会を始めました。これは今さら聞けないIT知識を気軽に質問して解決しようという会です。

 

主に運営メンバーになりますが、エンジニアと一緒に仕事をする上で、知識不足を課題に感じている人が少なくない状態にありました。
もちろんエンジニアメンバーもある程度噛み砕いて説明をするなどしていますが、それでも基礎知識があったほうが円滑です。
なので、一緒に勉強していきませんかと会を主催してみました。
最初、「非エンジニア勉強会」と銘打っていましたが若干堅苦しく、エンジニアと非エンジニアという区分をことさら強調するのも本意ではありませんので、「なるほど会」というゆるそうな名前にしてみました。

 

なるほど会の様子

なるほど会とは?

週に1時間の自主的な勉強会として開催しています。都合悪ければ無理に参加しなくてもOKという緩いものです。

まずは頭の中にある気になってることを付箋に書き出してもらいました。

 

  • 業務でよく聞く単語だけど謎の存在であるGitとは?
  • 社内各事業部の基幹システムはどういう存在で、どういう言語で作られているのか?
  • ふわっと理解しているサーバーって実際はどんなことにしている?
  • リクエストとレスポンスとは?

 

意外と隣の事業部がどんなシステムを使っているってのはあまり知らなかったりします。また、フロントエンドとバックエンドなど社内でもよく使うけど今更聞きにくかったりします。

バックオフィス業務が多いコネクトチームもエンジニア採用に一次対応として携わったり、事業部の後方業務を一部受け持ったりしていますので、気になる用語は多かったようで興味を持って参加してくれました。

この会ですら質問しにくいということがあってはならないので、「ダブルクリックってなんですか?」といった質問でも決して馬鹿にしませんし答えますと約束して、最低限の心理的安全性を確保しました。

 

みんなで書き出した質問・疑問をParking Lotに。

 

進め方としては、出してもらった付箋の質問をグルーピングして、ひとかたまりごとに説明していきます。
なるべく平易な言葉で説明しないといけませんので、「アプリケーション」「インターフェイス」という言葉を使って説明してはまた置いていくことになってしまうので苦労しました。「アプリケーション」の説明をする際は、機械語やOSの簡単な説明を踏まえました。

質問も多く、1回で捌ける数ではありませんでしたのでパーキングロット形式を採用し、受け入れてもらえたら「なるほど列(Accepted)」に移動するという手法をとりました。パーキングロットにも随時質問が追加されますので溜まっていきますので、Trelloで管理するようにしました。

説明は毎回準備無しでホワイトボードと、スクリーンを使ってのリアルタイム操作でやってます。スライドなど下準備すると大変で続けるのが辛くなることを避けました^^

 

毎週1時間の勉強会ですので、フィードバックも大切です。
クロージングとして毎回付箋に感想を書いてもらって出口横に貼って退出してもらっています。これによって次週に改善など反映を行っています。

クロージングでフィードバックを集めます


Management3.0のHappiness door(幸せドア)のアイディアを使ってみました。

Management 3.0 Module: Happiness Door

生まれた変化?

手前味噌ながら、参加メンバーになるほど会の影響か変化も出てきたようです。

今まで何を勉強したらいいのか、どう調べたらいいのかも分からなかったけれど自分が知るべきが範囲がおぼろげに分かるようになり、前に進めるようになりました

 

ITパスポートも周囲で取得が流行っているからとか、上から勧められたとかではなく、今後の自分のために取得の勉強を始めてみようかと積極的に考えられるようになりました

 

なるほど会の刺激の影響もあって、教科書のサンプル通りではあるけれどiPhoneアプリを作ってみました

 

基本情報技術者試験の勉強をする上で、より理解を深めることが出来ています

 

こういうフィードバックを貰えるとやった甲斐があって嬉しいですし、刺激を受けてアクションを起こすメンバーも素晴らしいと思います。

今後の展望

ひとまずのTryとして始めてみた「なるほど会」ですが、今後も継続して会社の文化の一部にしていきたいと思います。
ゆくゆくは参加者同士のダイアログ(対話)も出来るような社内コミュニティにしていきたいなー、と。

 

ITパスポートのコンセプトが「社会人としてIT利活用における共通的基礎知識」らしいのですが、なるほど会でも同様に共通知識・共通言語を持つことで、もっとサービスの本質的な話に時間を掛けられるようにしていくことをゴールとしています。そしてこれがコミュニティとして自己組織化されるのが私個人のゴールになります(笑)


We’re hiring!

株式会社リアズでは、ともに成長できる仲間を募集しています。
PHP、Java、JavaScriptなどの経験があるエンジニアさん大歓迎です。
一緒にサービスを作り上げていきませんか?ご興味がある方はぜひ!
 
採用に関する情報と応募はコチラから
夕方面談、Skypeでの遠隔面談にも対応しています。お気軽にどうぞ!