ゲイ向けアプリを開発するアメリカ人エンジニアから見たリアズ

2017.7.21 / 

こんにちは。

 

株式会社リアズのアプリエンジニアチームのジェリーです。私はアメリカの北東に生まれました。大学を卒業した後に日本へ引っ越してきました。小学生の頃からずっと日本に興味をもっていたので、高校生の時に日本で幸福の人生を追求しようと決めました。今までの役割は24という部署でモニタリングをしていたけど、3月からエンジニアとして勤務することになりました。

 

私の役職は株式会社リアズの数あるプロダクトの中のひとつ「Athlete」というアプリを担当させてもらっています。業務内容についてはJavaエンジニアとして私は日本語でコミュニケーションをとって、アンドロイド版の開発をしています。

 

会社と仕事についての思い

株式会社リアズに入社して、社内の習慣によく感動します。リアズで考え、目標やゴールなどを全体に伝えます。その明確なコミュニケーションで相互理解と会社の将来の方向について理解ができると実感します。私の見解では作業環境を常に改善してもらっていることで社員さんの健康と精神が良くなっているから、ストレスがなく心身ともに快適な仕事ができています。リアズは全ての社員を大事にしていると感じます。外国人はその思いがあると頑張ろうと思います。

 

この会社で働いているアメリカ人として、リアズは国際的な会社なので働きやすいです。三つの言葉で説明すると、「チームワーク」と「モチベーション」と「向上心が強い」と言えます。

最近のプロジェクトタイプとその例

私はアプリエンジニアチームのメンバーで、ほとんどの作業はAthleteに新しい機能の開発と設置を対応をしています。全てのプロジェクト(作業)は二つのタイプに分けられています。プロジェクトのタイプは「差分分析」と「独自機能」に分かれています。

 

差分分析のプロジェクト

このプロジェクトタイプの作業はベトナムにあるパートナー会社と協力しています。差分分析というプロジェクトはどんな対応をするのかというと、依頼されたフィーチャーと似た機能を設置することです。差分分析のプロジェクトがあると、共有しているデータやコミットなどを分析して、Athleteに開発した機能を設置します。(カスタムコードが必要な場合はチームリーダーと相談して決定しています。)

 

独自機能のプロジェクト

このプロジェクトは分析差分のプロジェクトと違って、パートナー会社と協力せず、自分で新機能の設計、設置や開発などをおこないます。このプロジェクトタイプは一番面白くて楽しいです。

全てのプロジェクトタイプは最初から最後まで厳しい手順に従っています。プロジェクトリクエストはチームメンバーと上司とで話し合い決めています。確認ができたら、私は開発作業を開始できます。

 

通常、プロジェクトの流れは次のようになっています。確認されたリクエストをチームリーダーから報告を受けます。それから、私は全てのデータの分析を開始します。新しいフィーチャーの開発が完了すると、その機能の実装とテストを実行します。

 

複雑な機能が含まれているプロジェクトはたまに難しい部分があります。一つ目は、一番良い角度から問題を検討することです。この点は時間がかかって、慎重に考慮しなければなりません。そして、難しいなと感じる点はたまに差分分析のプロジェクトがある時に起こっています。 ノンネイティブなアプリ(Eazy)からロジックを最適化して別のアプリ(Athlete)に設置する方法は最初から設計するよりも難しいところがあります。

Athleteの目標の1つは、No.1のゲイ系アプリになるまでできる限りアプリを進行させていきたいです。現在、Athleteはトップクラスのサービスだけど、まだ改善の余地があります。株式会社リアズは毎日高いゴールを目指していて、いつも挑戦的なプロジェクトをしているので期待して楽しみにしています!


Greetings everyone,

 

My name is Jerry W.P., and I am a member of the Application Engineering Team at REAS. I was born in America and moved to Japan shortly after finishing my undergrad. My primarily motivation for moving to Japan was based on a decision that I made in high school to pursue higher education and ultimately work in Japan. I started out working in the 24 Monitoring Department. After about 6 months I moved to the Engineering Department where I remain until now.

 

Most of my responsibilities address the development and management of one of our many great products’ Athlete. As a Java Software Engineer I am primarily responsibilities address the Android version of the application. All work aspects are conducted in Japanese.

 

Impressions of the Company and Work

Since my integration I am continuously impressed by an array of admirable traits of this company. Among some being the clear communication of ideas, goals and objectives. I have noticed that this creates a sense of transparency as well as a mutual understanding of the direction that the company and each members role within it. In my opinion the working environment of REAS is well catered towards the needs and might I say the wants of its employees which undoubtedly contributes to a balanced work setting.

 

As an American working at this company, I would say that this company is fitting of the description ‘internationally friendly’. I can sum my experience thus-far using three words, “Teamwork”, “Motivating” and “Ambitious”.

Recent Project Types and Examples

As a part of the Application Engineering Team, the majority of my projects are addressing the development and integration of new features into Athlete. These projects are predominantly broken into two category types ‘Analytical Migration’ and ‘Development Integration’.

 

Analytical Migration Projects

These project types are in direct cooperation with our partnering development Vietnamese Company. Analytical migration projects require the implementation of similar features into Athlete. When I am assigned these projects shared repositories are analyzed for respective committed data as well as any related source code. After doing so, I migrate requested features into Athlete including any changes that my team may agree were necessary.

 

Development Integration Projects

These projects are somewhat the opposite of analytical migration projects whereas they are not in any immediate cooperation with our partnering development company; rather they require that I design components from scratch, integrate and test the developed features. Of-course these projects are by far the most interesting.

All of my projects follow a frank and strict set procedures from beginning to end. Project request are typically seen and sometimes considered by several higher ups before the completed request can finally come around to my team and me.

 

An example of the flow of projects would be after a request is completed would be as follows; I typically receive the completed request including a briefing directly from my team leader. At that point I review all data and analyze any relevant source code along with any commits. At that point I proceed to integrate and test the newly developed features.

 

I occasionally face challenges which typically occur when I am assigned projects involving complex functionality. Often choosing the the best course of action to approach the situation can take time and may require moderate research. Another challenge that I occasionally face occurs when I am assigned analytical migration projects. Optimizing features to be implemented into non-native applications can sometimes be more complex than developing the feature from scratch.

One of my many goals with Athlete is to help contribute as much as possible to the service reaching the No.1 position among others of its kind. Though the service is outstanding compared to others there is still plenty of room for improvements. REAS continues to grow and stride for higher ambitions and with this I can always look forward to a wide array of new projects that are challenging and stimulating!


つづく・・・