孤独の解消と地方雇用の創出を
大阪から発信する

社長ブログ

当たり前だけど大切な10+1の事

2018年4月に定例の社員総会が開催されました。

 

社員数も会社規模と共に増えておりますので、今回からは社内スペースではなく、オフィスの近くのホテル宴会場にて開催となりました。

 

役員や事業責任者が今後の方向性などについて語ります。人に説明する事で初めて客観視できる要素もあるので一定の役職以上の社員には人前でのアウトプットを重要視してもらっています。

 

 

総会の目的としては


 ・全社的な業績進捗の共有

 ・登壇者の発信力醸成

 ・組織の中長期先の方向性明示

 


上記の3つを目的に実施しております。

 


アダルトコンテンツを扱う組織とはいえ、関わる社員全体が一丸となり、切磋琢磨していかなければ競合他社には負けてしまうし、何よりユー ザー様に満足を届けられなくなってしまう。

 

また、事業責任者が自らの担当事業について人前で語る事は大変重要だと考えています。それは人に伝える作業の中でスライド等を客観視することで、方向性が固まっていなかったり論拠が不足していたりと、自分自身の発信内容を再確認できる機会になるという事。すなわち、四半期に一度自身の思考を整理し、次に向かうベクトルを正せる役割を果たしており、弊社では一定の役職以上の者へはアウトプットを特に重要視させております。

 

 

 

 

▼特に意識しておきたい10の事項


事業責任者に加え、代表である私も発表を行います。

今回私が2020年(3カ年計画の実現)に向けて社員に提示した特に意識するべき10の事項は以下です。


 


・社会から共感を得られるビジョンを有している組織

 

・社員全体のITリテラシーが高い組織

 

・意思決定が速い少人数の筋肉質な組織

 

・アライアンス(業務委託)でプロと繋がっている

 

・アジアのリソースを活用でき日本の人口減少に対策

 

・AIを普段使いし手段を目的化していない

 

・国内需要だけでなくグローバルも狙う

 

・カテゴリーでTOP企業(ニッチでもOK)

 

・IT分野は米国に加えアジア(特に中国)から学び、取り込み事業に活かす考え方

 

・M&Aなど企業・事業買収を戦略的に行い、既存のメンバーとの融合が上手

 


テキストとして書けば当たり前の事ばかり。でも、まだ全然できていないものばかり。アダルトLive配信サービスの運営企業という枠組みではありますが(だからこそ)、東京の第一線で急成長しているIT企業のような振る舞いはしていく必要があります。

 

大阪から発信していくという事」に記載している通り、ここ大阪からでも差別化された面白いサービスを作り・日本中そして世界中に発信していく為に、行うべき事はとてもシンプル。企業規模が小さいうちに、戦いやすい座組にして、中長期で生き残っていける組織でありたいと考えています。

 

 

 

▼女性の活躍により支えられるサービスと組織


最近の総会では女性社員(責任者クラス)の登壇も増えてきました。今回は3名の女性社員が登壇者としてプレゼンテーションを行っています。

 


■デザイン責任者 岡崎(プロフィール

彼女は弊社サービス群のデザイン総責任者です。入社から10年間、あらゆるサービスのデザインに関してコンセプトを統括しており、ユーザー様やチャットレディの方から親しまれ長く愛されるデザインを提供し続けています。

 

 

 

 

■サービス責任者 浜崎(プロフィール

誕生から15年経過した老舗のチャットピア(人妻ライブチャット)の新任責任者。男性視点だけでなく、女性のきめ細やかさや、ある意味の大胆さをサービスに反映させ、20年・25年と支持されるサービスへ昇華させていく意気込みを語ってくれました。

 

 


■広報責任者 仲間(プロフィールFacebook

広報全般の先頭に立って自社についてアウトプットしており、私達の事を誤解なく世の中へ伝えていくという大変難易度の高いミッションに取り組んでいます。最近では女性スタッフの新規採用もうまく進んでおり、広報を通じて私達の実像が多くの方の目に届くようになる事で、偏った先入観の払拭に寄与してくれていると実感しています。

 



我々のサービスは女性出演者(チャットレディさん)の活躍により支えられているビジネスモデルになります。そして、社内にいる女性社員も業務を通じてビジネスパーソンとして成長・活躍をしていける組織でありたいと考えています。


「女性も活躍できる組織」

 

こちらも書けば当たり前の事ではありますが、我々の業界においては特に意識して重視すべき事。

10+1の項目として実現していきたい社風であり、それが他社差別化として自社の強みになると思います。

 

これらが現時点での私達の中長期ビジョンです。

一歩ずつそのビジョンを実現する為の階段を歩んで参ります。

 

ビジネスにおいて満塁ホームランはそうそう生まれない。長く成功していくのであれば凡打を刻みながら得点を重ねていくしかない。総会で話した内容は文字にすれば当たり前の事ばかりですが、当たり前だからこそ重要視して、時代にあわせて変わり続けられる組織を目指しています。

最新記事

カテゴリー

リンク