孤独の解消と地方雇用の創出を
大阪から発信する

社長ブログ

私たちがLGBT採用を推進していく理由。

私たちは、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーを意味する頭字語)の分野を推進していく経営を行っています。

%e8%99%b9%e8%89%b2%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f


目的は2つ


 ・市場拡大を見据えた事業展開

 ・優秀な人材の確保

企業HP内(https://reas.jp/recruit/lgbt)や求人サイトでもスタンスを公表しています。

 

そんな弊社が、今年採用した新入社員の中に、柴田拳志(23歳)という人物がいます。彼は、自らがゲイであることを公言し、入社を志願して来ました。
img_74982
※写真奥がゲイを公言され入社した柴田氏

 

柴田氏は前職では携帯電話販売の職についており、販売実績では優秀な成績をおさめつつも、上司や同僚に対してゲイである事を公言できていなかった事から、日常から大小様々なギャップや苦悩などを感じ、働きにくさを感じていたようです。


「自らゲイである事を共有しやすい環境で働きたい。」

という想いが強くなる中で転職を決意し、インターネット検索を通じて弊社の存在を知ることになりました。


先進的な企業(パナソニック・野村證券・ゴールドマンサックス・IBM・GAPなど)は既にLGBTの方の採用促進を進めておりますが、私達のような名もなき大阪のWEBサービス運営企業に入社するのは一定の戸惑いや不安があったようです。

そういう心境においても実際に応募し採用になった背景には、弊社子会社にて2016年3月から事業をスタートしている「Athlete」というゲイ向けのネイティブアプリSNSサービスでした。

 ・この職場ならゲイである事を公言できるかもしれない。

 ・ゲイである事を生かして事業を加速させられるかもしれない。


この2つがうまく絡み合い、不安が期待を上回り応募されました。

athlete2
※弊社子会社で展開中の「ゲイ向けビデオ通話アプリSNS-Athlete(アスリート)-」

私達としてもサービスを早期に軌道に乗せるべく、ゲイの方を事業のメイン担当に据えて、より深い知識をもった上でサービス展開していくべきだと考えていたので、双方のニーズが合致し採用させて頂く運びとなりました。

現在、柴田氏はAthlete担当者として日々サービスのチューニングを実施しており、多くのゲイの方に知って頂く為の、プロモーション・サービスの最適化を実施しております。
img_77982222

リアズがLGBT採用を推進する理由・・・・


現在弊社では、柴田氏含め3名のLGBTの方々が勤務されており、全員、個性的なメンバーです。でも、誠実で、センスがあり、変化に対応する能力が高く、ビジネスパーソンとして非常に優秀な方ばかりです。

私達は上場企業でもなければ、有名な会社でもありません。しかも、東京じゃなく大阪。

関西の中小零細企業において、人材確保は常に大きな課題。人材=企業の力とした場合、優秀かつ事業にフィットするメンバーに集まって頂く為に、LGBT分野(総じて能力の高い方が多い属性)での採用活動は至極当然。大阪のアダルトサービス運営企業としてニッチな分野に属しつつ、採用に活路を見出していく為にもLGBT採用を更に加速させていくつもりです。

img_7182

弊社グループでは、事業を通じてLGBTの方々へ社会貢献していく方針です。もし、今の職場環境に悩まれていたり、自らのアイデンティティを生かした仕事をしてみたいという考えをお持ちの方は、是非一度弊社に遊びにいらしてください。これからのLGBTの未来について、語り合いたいと思います。ご連絡はコチラから。

最新記事

カテゴリー

リンク