孤独の解消と地方雇用の創出を
大阪から発信する

社長ブログ

外国籍エンジニア採用をしてみて

※This article is also English version .

弊社には3名の外国籍のスタッフが在籍しております。

 

 ・オーストラリア
 ・米国

 ・中国

 

ここ最近外国籍の方からの面談応募が増えてきており、我々としても偏見無く、価値観の相違が無く、能力に見合っていれば採用する方向で考えておりますので、積極的に面談を実施しております。

 

そういった流れの中で、今年(2016年3月)採用させてもらったオーストラリア人エンジニア・ニコラス(紹介はコチラ)は入社から5ヶ月ですが、既存メンバーにも非常に馴染んで業務に就いてくれております。

20160804140654
※弊社のオーストラリア人エンジニア ニコラス(周りからニックという愛称で呼ばれています。)

 

採用前には「もしかしたら、時間にルーズだったり、約束を守らなかったり、コミュニケーションのズレで大小様々なトラブルが起こるのかもしれないな・・・」とトラブルシュミレーションをした事もありましたが、まったくの杞憂でした。


ニコラスは日本人の女性と結婚しており、日本に対する愛着や理解度が非常に高く、いわゆる「日本的な会社」の文化にも溶け込んでいますし、我々もコミュニケーション上の齟齬が生まれないよう、極力時間をかけてゆっくりと価値観の対話をしております。※社内の会話については日本語で行えています。

 

大切にしたい3つの事

 


  ・朝の定刻にキチっと出社する

  ・情報を社内でシェアする意識がある

  ・チームワークでプロジェクトを進める

 

私達(恐らくどこの会社さんも)が重視している事をしっかりと理解してくれて、言動が伴っています。更にいうなら、日本語文字読解が不慣れな彼は、誰よりも朝早く出勤して、誰よりも早く業務を開始し、全員の日報をしっかり理解するよう努力を続けています。

また、英語のネイティブスピーカーであるニコラスは、英語の文献で書かれた技術系海外ブログのキャッチアップに長けておりますので、弊社が現在進めているPHPの構造改革にも、新たな風(知識)を吹き込んでくれ、周りのエンジニアの技術力向上にも寄与しています。

 

 

他の米国籍・中国籍のスタッフも同様に、社風を理解し、また会社を成長させていく重要なメンバーとして関わっておりますので、現時点において我々の外国籍スタッフの採用は成功していると感じております。当初、想定していたトラブルなどが杞憂であることから感じたのは・・・、

 

 

外国籍の方のほうが異文化であることを前提として、組織・チームを理解しようとする力、価値観をすり合わせようとする力が既に備わっているので既存メンバーにフィットしやすい。

 

という事であり、重要なのは国籍ではなく 「我々のミッションに共感し、一緒に達成したいと思える方か?」 この1点だと思いました。(我々のミッション)

 

 

じぇるー

 

ここ大阪(関西)においては東京ほどダイバーシティ化は進んでおりませんので、外国籍のエンジニアの人口は多くありません。とはいえ、今後も積極的に「価値観」「能力」が合致する人材であれば国籍を問わず採用を継続していく考えがありますので、検討している方がいれば、是非ご連絡下さい。オフィスに遊びに来て、既存の外国籍社員とディスカッションしてもらう事も可能です。カジュアルに我々の価値観に触れてみてください。 私達とのコンタクトはコチラから。

 


 

There are currently 3 foreign nationals’ working at our company.


 ・Australian
 ・American
 ・Chinese


Here at our company we have noticed a recent increase in foreign applicants, if there is no difference in values to that of our company without any prejudge we would like to hire serious individuals based on their skill sets.

With that being said as of this year (March, 2016) we employ a Australian national named Nicholas (introduction here) and though he has only been here for 5 months he is completely accustomed to his task and knows everyone very well.

20160804140654

※Our Australian Engineer Nicholas (Everyone refers to him as Nick)

Prior to being hired our company runs ‘trouble simulations’ or probations periods to ensure that no issues occur due to tardiness, lack of communication skills or failure to maintain one’s promises. Such factors generally do not occur.

Nicholas is married to a Japanese woman and have both a high level of understanding and a deep compassion for Japanese culture making it fairly easy for him to adapt to what we call (Japanese work ethics), which reduces the occurrence of misunderstandings that arise due to miscommunications. We give our team’s sufficient time so that they can thoroughly, smoothly, and properly communicate and complete their task.
※Conversations will be held in Japanese

Three critical points are:

 

 ・Arrive to work every morning on time.
 ・Strictly fulfill the task at hand.
 ・Accomplish projects as a team.

 

We (presumably all members) completely understand and take into consideration social ethics with regards to the company. Moreover, those who lack specific skills in Japanese understanding should come to work early and start their work prior to everyone else so that they can grasp the daily reports and keep up with their team.

With Nicholas being a native English speaker and he is good at catching up through blogs and documentation written in English which through him offers new insight on the structural reforms of PHP as well as contributing knowledge and overall improvements amongst his engineering peers.

Because our American and Chinese staff members also understand the characteristics of the company they too are important members for the growth of the company, at the present moment we feel that our adoption of foreign staff is currently a success.

At first there was a fear that trouble would occur based on assumptions that ultimately turned out to be imaginary…There is a premise that foreigners’ have a different culture, but if there is a desire to understand teamwork/organization, we find it fitting to merge your values with our existing members. Therefore, nationality is not our highest priority rather ‘Do you want to share the mission with us and accomplish goals together?’ is what matters. (Our mission)

Considering that we are located in Osaka, our region is not as diverse as Tokyo and thus the population of foreign engineers is low. Even-so, if you are serious and have the skills while sharing our values regardless of nationality we will consider you for employment; if interested please contact us. If you like, you may visit our company and have a discussion with our current international members.

Applicants are allowed to visit our office and schedule an opportunity to consult with our current international staff members.
Please casually research what are our values.
Our contact information is located here.

最新記事

カテゴリー

リンク